会計士転職では職務経歴書が大事

会計士転職では履歴書と職務経歴書の提出が求められますが、履歴書には決まったフォーマットがあって、そのフォーマット通りに事実を記載していくだけです。学歴や保有する資格等、特に悩むところはありませんので、時間もかからずに作成できます。より重要な意味を持ち、書き手のセンスが表れるのが職務経歴書です。決まったフォーマットはなく、それぞれが読み手を意識しながら読みやすい文章を作成していきます。

こういった書類ではアピールしなければならないという意識が働いて能力を自慢してしまう人もいますが、それではかえって良くない印象を与えるため、作成した後は読み返してみましょう。会計士として働いてきた職務経験を時系列に記すのも一つの方法です。会計士転職ではどのような経験をしてきたかが問われるため、できるだけ多くの情報を詰め込みたいと考えます。情報が多ければアピールする部分も増えますのでプラスにはなりますが、あまりにも多くなりすぎると目を通すのが大変になるためNGです。

長くなりそうでもA4用紙2枚程度におさめて、長々とした文章にせずに箇条書きにすることをお勧めします。より強くアピールするために、採用する側がどのような人物を求めているのかを考えてみることも大切です。その人物像にマッチすることを、これまでの経験を踏まえながら伝えることで採用したいと思わせることができます。実績を積み重ねてきたことが会計士転職の成功を後押ししてくれます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする