会計士転職の一般的なポイントとは

転職を考えている公認会計士の多くが家族を持っており、仕事を辞める場合には十分に相談するのが理想的です。また会計士転職活動に着手する前に、収入などの希望する条件を整理するのがポイントです。更に現在の職場を円満に退職するためには、業務の引継ぎのシミュレーションも行う必要があります。仕事探しの前に問題を解決することで、思う存分に転職活動をすることができます。

人脈を使って会計士転職活動をする人もいますが、情報量が多い求人サイトを使うのが時代の流れです。求人サイトには様々なものがありますが、税務と会計に特化したサービスを選ぶべきです。会計士転職サイトであれば、仕事探しに入る前から手厚い支援を受けることができます。リクエストサービスを利用すると、人気のある企業内会計士の仕事も紹介してもらえます。

仕事を通じてスキルアップを実現したいときには、監査法人の求人の中から選ぶことが重要です。ハイグレードな求人が多い会員制のサイトを使うのが、良い転職先を数週間程度で見つけるコツです。会員登録時に希望年収や経歴などを登録すると、満足度の高い仕事を紹介してもらえるようになります。実際に求人情報を紹介してもらった後で、採用担当者と数回にわたって面接を行う必要があります。

想定問答集を作成すると、応募動機をはじめとした様々な質問に答えることができます。更に履歴書の添削もしてもらうと、書類選考で落とされることも少なくなります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする