計画性が大事な会計士転職

会計士転職は経験者なら短期間で決まることが多いですし、一定レベル以上の経験やスキルを持つ人達はどのような状況であっても良い条件を提示されます。ですから、思い立った時に動き始めるのも正解ではありますが、よりスムーズに進めるためには繁忙期を避ける等の工夫が必要です。未経験者の場合には特にタイミングを見計らう必要がありますし、何の準備もしていない状況で応募することはできませんので、少しでも準備を始めた上で活動を開始することが大切です。そもそも、会計士転職を目指していると口では言っていても、何の準備もしていない状態では本気度が疑われます。

未経験者の場合、まずは試験をパスするために勉強を開始しなければなりません。独学で学んで通過できるような人は、自分なりに学習時間を確保して計画的に勉強を続ける方法が良いですし、自力では難しいと感じるのなら専門学校に通うのも一つの方法です。専門学校に通うとお金がかかりますが、重要な部分や覚えておくと良いこと、試験に合格するためのコツ等も伝授してくれるため、効率良く試験対策ができます。準備をしつつ会計士転職を行う場合、試験に合格する前と合格した後では活動方法が違ってきます。

合格した後なら採用される可能性が高くなり、事務所側もきちんとした知識のあるスタッフとして受け入れ可能です。しかし、合格する前は補助的な業務しかできないので、採用には慎重になることが多いようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする