理想の会計士転職を叶える方法

理想的な条件の会計士転職を叶えるためには、希望条件を挙げるだけでは足りません。条件を決めるのは良いことですが、それに優先順位をつけてより重視したい項目がきちんとクリアされているかを見ることが大切です。明確な優先順位がついていると、いくつかの会社で迷った時でもどちらの方が適しているのかを簡単に把握できますし、バランスは良くてももっとも重視しているポイントをクリアできていない時等にも気づけます。条件決めでは、現在不満に思っていることをピックアップしてみるのも良い方法です。

同じ不満を抱えないためにも、改善できる職場を探します。良い待遇が提示されると高く評価してもらえていると感じて安易に決めてしまう人もいるのですが、年収や待遇面だけでは選べないことを覚えておく必要があります。この部分だけを過剰に重視するのではなく、どのような仕事ができるのかや、ライフワークバランスは改善されるのかといった他の面も見なければなりません。会計士転職では特に遣り甲斐を求める傾向が強いので、待遇面が良いからと遣り甲斐を感じられない職場に決めるのはNGです。

会計士転職では自分の客観的な市場価値を把握することから始めますが、評価をするのが難しい場合にはキャリアコンサルタントに相談することをお勧めします。キャリアコンサルタントは多くの転職者を見ていますし、現在の市場の動向も把握していますので、状況に応じた価値が分かります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする