企業内会計士転職を目指す

会計士転職といっても色々な形がありますので、まずはどのような所で働きたいのかを明確にすることが大切です。落ち着いた環境の中で仕事ができるのは企業内会計士であり、企業内会計士転職を目指すのなら、主な仕事内容をまず先に知っておく必要があります。専門ファームでのアドバイザリーやコンサルティングとは異なり、就職した企業の会社員として業務を行い、予算の作成やその計画にそった活動にすることになるため、監査法人とは大きく異なる点に注意が必要です。実際に企業内会計士転職を実現できれば、企業内で特別な職務を任されますので一目置かれる存在になりますし、社内の会計について大きな発言力がありますので、遣り甲斐もあります。

残業の多い仕事だと言われていますが、企業内会計士ならそれほど多くはありません。ワークライフバランスを重視する人たちに人気の職場ですので、仕事の比重が重くなりすぎて改善を図りたい場合にはこのような職場を目指します。休日もしっかりと休むことができ、女性でも活躍しやすいのもメリットです。本来なら実力があればスムーズに希望の条件に合致した職場に入れますが、企業内会計士になりたい人はその会社とのマッチングも考えなければなりませんので、入社後になじめるかを考慮する必要があります。

会社ごとに社風があり、社風にマッチしていることは最低限の条件であり、そこで働く人たちともうまくやっていけないと長続きしません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする