会計士転職事情について

公認会計士は、企業の会計と監査を専門的におこなう職種になり、国家資格が必要になる特殊な仕事になります。公認会計士になるには、国家試験の合格だけではなく、実務経験が2年以上必要になります。監査はとても重要な業務になり、企業の決算書を独立した第3者の立場でチェックして意見を表明します。会計士はこのように専門性が高い職種になります。

公認会計士の求人募集は他の職種に比べて多くあり、会計士転職は比較的スムーズにおこなえるといった特徴があります。公認会計士は専門性が高くスキルを必要とする仕事になるので、給料も良く働きがいがある職業になります。公認会計士の就職先は、監査法人や企業の会計部門などになります。転職先によって求められるスキルが変わってきます。

監査法人の場合には、業務未経験の公認会計士試験合格者や第2新卒者も応募することができます。コンサルティング業務を扱う企業の場合には、公認会計士としての経験や実績などを求められることが多いです。会計士転職をする理由は、スキルアップを目指したいや働き方を変えたいなどさまざまな理由があります。通常監査法人に就職して、そこで会計監査業務に携わりながら実務経験を積んでいきます。

そうした中で監査法人での仕事だけではなく、もっとスキルを磨きたいと思う方が転職を決意するケースが多いです。会計士転職に成功して自分のスキルを活かすことで年収をアップさせることも可能になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする