会計士転職をすることで得られる魅力

世界各国で今、会計士という職業が非常に人気となっています。特に世界の金融の中心であるアメリカでは、MBAを有していれば多くの企業で高待遇を受けられるまでになっているほどです。日本でも同様であり、2000年以降は大学の新卒生では約40パーセントもの割合で公認会計士の資格取得を目指されていることが、文部科学省の調査であきらかとなりました。また既に社会人となっている方でも、会計士転職を希望なさる方も多いほどです。

そこでここでは、会計士転職をすることで得られる魅力について、簡単に見ていきましょう。2021年現在、全国各地に約15万人の公認会計士が存在します。この数は世界規模で見ると非常に少ないのがポイントです。業務として担当をなさるのは、経営権の解析から企業などの年度末決算、さらに雇用人材の給与明細のデータ化など多岐にわたります。

人材が不足しているからこそ、会計士転職では高待遇を期待できるといえるわけです。魅力としては年収が約900万円となる点でしょう。この金額は20年のキャリアを有している方となりますが、新卒生でも年収が600万円となるため、一般的な会社員と比べると非常に恵まれています。昨今では会計士転職に特化をしている転職エージェントもあり、ここを活用することで望んでいる職場を見つけることも可能です。

会計士転職では前職のキャリアも重要視されるので、エントリー時は事細かく記載をしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする