会計士転職のメリットについて

会計士転職を行うとキャリア選択の幅が広がるというメリットがあるため、一般企業で働くことを望むケースが多く見られます。監査法人の内部でパートナーまで昇進することが会計士にとって理想的と思われがちですが、一般企業にも多くの活躍の場が存在します。経理や監査役の他に経営やマーケティング、コンサルティングや最高財務責任者など会計士の知識と経験が必要になる職種です。監査法人内部で昇進する以外にも様々な選択肢があるため、多くの人々が会計士転職を目指しています。

会計士転職によって一般企業で働き始めると、監査法人の外の世界を知ることができ価値観が広がりやすいというメリットがあります。試験に合格すれば過去の学歴や職歴に関わらず全ての人が同じ地点からスタートするため、監査法人の中にいると個性的な人々が多いと感じるのが通常です。しかし監査法人の同僚は全てが試験の合格者で似たような部分があり、根本的に異なった価値観を持つ人との出会いはあまり多くありません。一般企業で働くと外資系金融機関にいた人や弁護士から起業した人、元キャバクラの店員など様々な職業を経験した人たちに出会うことができます。

根本的に異なる経歴を持つ人々との出会いがきっかけで価値観が広がり、新たなビジネスチャンスを掴む可能性が得られます。会計士転職によって一般企業で働いた経験を積めば、別の業界への転職が容易になるというメリットも存在します。監査業務は特殊性が高いので、一般企業に転職して汎用性の高い業務経験を積めば新たな業界へ転職しやすくなります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする