会計士転職の理由と主な転職先を解説

会計士転職の一番の理由として挙げられるのは、「多忙で業務の負担が大きすぎる、ライフワークバランスを重視してもっと自分の時間を大切にしたい」ことです。監査業務は監査法人の会計士だけが携わることが出来る仕事であり、給料も比較的高く、将来出世すれば好待遇が望める花形の仕事であるとされています。しかし普段から多忙で特に繁忙期などは処理しなければいけない仕事の量が多く、プライベートを顧みることが出来ないことも多いため、他の業務負担の小さい職場やもっと待遇の良い職場へ転職する場合もあります。また、「もっと経験を積んで活躍していきたい、今よりもさらに多くお金を稼いでいきたい」ことも会計士が転職を希望する理由の一つになります。

会計士転職における主な選択肢として、監査法人と会計事務所、一般の企業や公共団体、独立して事務所の立ち上げの4つが挙げられます。会計士転職で監査法人を選ぶ場合は、少しでも経験を積んで活躍し将来は出世を目指しているという方が適しています。逆に自身の一人での趣味の時間や家族、友人との時間を多くとりたいのであるのなら、一般の企業や公共団体に転職します。福利厚生が充実している大規模な企業に転職して経理部などで勤務し、定時で帰宅したり有給休暇や長期の休暇を取得したりすることも可能です。

また、他の職場に転職してキャリアアップを目指す以外にも独立して自身で事務所を開業するという転職の選択肢もあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする