会計士転職のポイントは?タイミングも考えよう

会計士転職とひとくちに言っても、転職先には監査法人であったり、会計事務所や税理士事務所に加えて一般企業までさまざまな転職先があります。まずは自分のスキルや目的をふまえたうえで、転職先を決めることが大切です。監査法人一つとっても大手から小規模までありますし、一般企業であれば経理部だけでなく関連した部署への転職も考えられるでしょう。会計士転職では、タイミングも大切です。

20代後半であれば数年実績を積んでいますし、将来性もあるので20代後半から30代前半での転職がおすすめです。30代後半や40代以降になると実務経験だけでなく、役職を与えられることもあるので、それ相応の実績がなければ難しくなります。転職する時期も考えなければなりません。繁忙期は転職先が面接などに割く時間が取れないことが考えられ、迷惑になってしまう可能性があるので、可能な限り閑散期にしましょう。

会計士転職をするなら、自分が勤務したいと考えている企業の情報はしっかり把握してくことも大事です。例えば給与以外にもどの程度専門性が必要なのか、残業が月にどれくらいあるのか、有給など福利厚生についても調べてからにします。もちろん転職するのであれば、スキルもしっかり磨いておかなければなりません。会計士の資格だけではなく英語スキルがあればM&Aや国際財務などを扱うこともできますし、中小企業診断士などの資格があれば、一般企業への転職も有利になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする