会計士転職を成功させるためのポイント

会計士転職を成功させるためには、その転職先の範囲を自分自身で広げる努力が必要です。一般的にエージェントなどに相談をすると資格を活かした転職先を斡旋されることが多いのですが、エージェントは本人の能力よりも保有している会計士の資格を利用して効率的に転職することを考えるため、会計士を募集している職場を探すことが多くなります。その職場が自分のやりたい業務と一致している場合は良いのですが、一般的に会計士を募集している職場の場合にはその資格に見合った能力を期待することが少なくありません。すなわち会計士としてできて当たり前の仕事を要求する水準は高く、これに対して実際の待遇はそれなりのものであることが多いものです。

会計士の標準的な報酬は一般の仕事に比べて決して低いものではなく、そのため多くの会計士転職を行う人は待遇面で不満を持っているケースは少ないものです。それよりも報酬面で折り合いがつかなかったり、仕事の内容で自分が納得できないと言う部分が多いのが実態です。しかし、会計士の仕事は基本的にはどの職場も同じようなものであるため、転職による大きな変化を見込めないことが多くなっています。このような状況を打破するために会計士転職を行う場合には、資格よりも自分自身の能力を十分に生かせる職場を見つけることが必要です。

良心的なエージェントの場合には本人の希望を十分に理解し、またそのスキルを客観的に評価した上で最適な職場を探してくれます。良いエージェントを見つけた上で、自分自身の会計士転職の本来の目的を十分に分析し整理しておくことが、会計士転職を成功させる秘訣です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする