公認会計士転職でよくある失敗例

公認会計士の求人は他の業種よりも豊富なので、基本的に転職先に困ることはありません。しかし、公認会計士転職を経験した方の中には失敗したと後悔している方も少なからず存在しています。そのため、これから転職を目指す公認会計士の方は、よくある失敗例から成功のポイントを学ぶことが大切です。公認会計士転職でよくある失敗例は、労働条件が思ったよりも悪かったというパターンです。

転職を目指す方の多くは、収入アップや労働時間の減少を期待しているかと思いますが、求人票に書かれている情報を鵜呑みにしてしまうと、このような失敗につながる可能性が高いので注意しましょう。転職先で、自分が希望する業務ができなかったという失敗もよくみられます。公認会計士が行う業務は監査が基本ですが、それ以外にも様々な業務にあたることができるため、現在とは異なる業務を求めて転職する方も少なくありません。しかし、転職先で希望する業務を行えずに数年間を棒に振ってしまったという方も存在するので、十分な調査を行った上で転職先を決めるとともに、採用担当者に行いたい業務についてしっかり伝えることが大切です。

また、公認会計士転職に限った話ではありませんが、転職先での人間関係が上手くいかなかったという失敗も多いです。職場での人間関係が上手くいかないと多くのストレスを抱えることになりますが、人間同士の相性は実際に付き合ってみないと分かりません。そのため、転職を目指す場合は、転職先で人間関係に悩む可能性があることを念頭に置いておくことが重要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする