会計士転職の基本テクニックとは

公認会計士試験の難易度は高く、大学在学中に資格を取得するのは容易ではないです。したがって大学卒業後は会計事務所に就職して、働きながら資格取得を目指すケースが多いです。また実際に会計士になった場合には、数年間同じ事務所で働いたうえで転職するのが一般的です。そのために会計士転職サイトを利用する人の多くが、30歳前後の年齢になっています。

また会計士転職サイトで適した求人を見つける場合には、仕事を続けながら水面下で情報収集をする必要があります。したがって情報提供をしてくれるコンサルタントを活用して、早期に転職を実現したいと多くの人が考えています。そのためにはサービス内容を重視して、質の高い会計士転職サイトで会員登録することが重要です。転職支援実績の多さと同時にユーザーの満足度にも注目すると、より良い転職支援サイトを見つけることができます。

登録時に基本情報を入力した後でコンサルタントに希望を詳細に伝えると、依頼者のニーズに合った会計士採用情報を紹介してもらえます。特に人気があるのは、事業承継の専門部署がある規模の大きな会計事務所の求人です。特定の業務に特化した求人を選ぶことが、将来的なスキルとキャリアのアップにも直結します。収入を増やすだけではなくて、独立も視野に入れて転職先を探す傾向も著しくなっています。

申告業務も含めて幅広い多内容の仕事ができる事務所の求人は、独立志向型の会計士の転職先としてもふさわしいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする