税理士転職の際に確認しておきたい点は何か

税理士が現在の勤め先から別の場所に転職したいとき、まず確認しておきたいのはなんといっても待遇です。他の職業と同様に、税理士転職においても新たな勤務先の待遇がそれまでより悪ければ、転職をした意味がありません。給与だけでなく、社会保険の加入状況や福利厚生制度の内容、残業の程度など、さまざまな情報をもとに転職先を決めましょう。また、これに関連してキャリアアップがどこまでできるかも税理士転職において重要です。

組織内で働く場合なら、社内で高評価を得られればどんどんステップアップしていき、場合によってはCFOなどの役員として迎えられる可能性があります。コンサルティングファームだと、組織内で働く場合ほど内部でステップアップはできませんが、実績を積み重ねていけば共同経営者の話をもちかけられる可能性があり、受諾すれば多額の報酬を得られるようになります。税理士転職では、職場の従業員の年齢構成や所長の態度も確認しておくと良いです。偏りなくさまざまな年代の人が働いている場合、その職場には長くスタッフとして勤めている人が複数いる可能性がありますが、中堅どころがおらず、20代から30代の若手と50代以上のベテランのみの構成の職場だと、育成がうまくいっていない場合があり、仮に自身が勤めるようになっても思うようなキャリアアップができない場合があります。

所長の態度は面接の際にある程度確認することができ、横柄な態度で応じられたり、スタッフに乱暴な振る舞いをしていた場合、その職場は雰囲気が環境があまり良くない所であることは少なくありません。より良い環境で仕事をするためにも、転職しようと考えている職場のことはよく調べておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする