一般企業への正社員雇用も税理士転職の考えのひとつに

一般的に税理士転職となると働く先は税理士法人の印象ですが、企業内税理士に視野を向けてみるのもひとつ、これは企業に一社員として所属しての働き方です。国内多数の得に規模の大きい会社になる程、あらゆる専門部署があってそこで活躍をするのは、その分野のスペシャリストたちですから、会計部門で専門家が重宝されないはずがありません。税務や経理に関しての専門家となる、税理士資格を持つ人材は税理士転職でも優位になります。企業内税理士としての税理士転職に目を向ける人がなぜ増えてきているかというと、ワークライフバランスもとりやすい働き方ができるためです。

一ミリの数字の狂いも許されない業務の中にあって、常に神経を集中させ頭をフル回転される仕事だけに、毎日神経と頭脳を限界まで使う日々になります。それはストレスではなくまさに楽しみながらの挑戦であり、おかげで得られるのは無資格では不可能な高い収入です。何よりも企業内税理士として勤務をする良い点は、他の従業員と同じく雇用は正社員として、これにより毎月入ってくる収入が安定をする事になります。猛勉強をして資格を取得したら自分で独立をして開業をするケースも多くありますが、新規顧客の獲得は簡単ではありませんから固定客を確保できる絶対の保証はありません。

法人相手を考えてみても小さな一個人事務所の場合、繋がりを持つのも大変ですが、企業内税理士ともなればその心配がすべて消え去ります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする