税理士転職での事務所選び

税理士転職で気を付けたいのが事務所選びです。現在の勤め先に対する不満を持って転職するのですから、同じような事務所を選んではいけません。個人事務所の場合には経営者の質に左右される部分が大きくなり、いくら優秀な人材が揃っていても快適な環境を作れないことがあります。このような傾向は小規模であればあるほど強まり、10人以下の事務所になるととても多くなります。

仕事以外の部分で不満を持つことも増えますので、環境的には働きやすいとは言えませんし、様々な苦労から精神的なストレスによって疲弊する可能性大です。条件面に関してはあらかじめ提示されるはずですので、こんなはずではなかったと感じることは少ないようです。ただし、税理士転職でも条件に含みを持たせるケースが多く、給与の幅が広く設定されている時には、具体的にどの程度の待遇になるのかを確認しないと後悔します。幅を持たせている場合には、実際に支給されるのがその範囲内での下限に近い額だったというケースも少なくなく、不満を持ちながら業務を開始する人が大勢います。

条件面は入社する上で大事な部分ですので、曖昧なところを残したまま決めてはいけません。理想的な税理士転職を叶えるためには、仕事内容にも目を通しましょう。仕事内容は事務所によって異なり、大きな案件を抱える事務所では複数人で連携しながら作業を進めることもあります。専門的な分野にチャレンジするチャンスに恵まれるケースもあり、業務内容は様々です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする