税理士転職にあたって確認すべきこととは

税理士転職にあたっては、事前にいくつかのポイントを確認するのがおすすめです。転職に際して、面接ではなかなか聞きづらいと思う部分も多いかもしれません。でも、せっかく税理士転職をしたのに入所後すぐに辞めてしまっては意味がありません。事前に情報をしっかり集めた上で税理士転職を行ったほうが、双方にとって結果としてメリットが多いです。

できるだけ必要な情報は事前にしっかりと確認するようにしましょう。具体的に確認すべき事項としては、給料や残業代があげられます。それらの確認は当たり前にする、と思っている方が多いかもしれません。また、希望している事務所に入れるならそれだけで満足という思いをお持ちの方も多いかもしれません。

でも、そのような考えで安易に事務所を選んでしまうと後々不満が生じることが多いです。面接に際しては複数の事務所の給与などを確認して、業界で自分がどのくらい給与をもらえるかの相場を確認し、提示されている額が適正かを見極めてから応募するようにしましょう。また、事務所の年齢構成にも注意が必要です。人材育成がうまくいっている長く勤められる環境が整っている職場は、さまざまな年代の人が働いている傾向にあります。

加えて、面接時の所長の態度もしっかりと確認するようにしてください。面接で合否をつきつけられるのは受験している自分側ですが、自分側にも勤め先を選ぶ権利はあります。事務所内の雰囲気はトップの影響を受けやすいので、注意して確認することをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする