税理士転職について説明します

税理士転職の動機はさまざまあります。税理士転職によって、今働いている税理士事務所より高待遇のところへ転職することができます。今よりも将来性がある事務所へ転職することで、スキルもアップすることができるのでメリットになります。ワークバランスを考えて転職をする方も多いです。

仕事だけに時間を費やすのではなく、子育てなど協力できるように労働条件が良いところに転職するケースも多々あります。とくに確定申告時期など多忙な時期が多い税理士事務所だと家族へ費やす時間が減ってしまうことになるので、転職する動機になることが多いです。職場の人間関係によって転職を希望することも多い動機理由になります。一緒に働くメンバーとの関係性は仕事の効率にもかかわってくる問題です。

転職することによって、自分が働きやすい環境の事務所を選ぶことができるようになります。税理士の求人は特殊な仕事内容であるので、多い傾向にあります。年代でも求められるスキルが変わってきます。20代の転職の場合は、実績がまだ少ないので学歴や税理士の試験合格科目数をみて採用するかどうか決めることが多いです。

30代の場合は、これまでの実績などを考慮して採用するケースが多く、40代の場合は、実務経験・マネジメント経験・実務の専門性などのスキルを見て採用することが多いです。税理士転職を考える場合は、あせらずしっかりとしたビジョンをもって転職活動をする必要があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする