税理士転職を成功させるには

税理士の主な転職先には税理士事務所や会計事務所、一般企業、コンサルティングファーム等があります。税理士転職の際に考えることは、どのような働き方をしたいのかということです。今の職場に不満があって税理士転職をしたいのか、キャリアアップするために転職を考えているのか等まずは現状を把握することが大切になります。自分のことなのでよく分かっているように思うかもしれませんが、なぜ転職しようと思っているのか自分でもよく分からないということは少なくありません。

自分自身を見つめ直すことで、本来求めている条件が見えてくることもあります。税理士転職を成功させるためには、自分にとって譲れない条件を挙げ優先順位をつけていきます。収入や仕事内容、勤務地など人によって重要と思う条件は異なります。それを間違えてしまうと、転職してから後悔したりこんなはずではなかったと思うこともあります。

高収入という条件につられて転職したものの、あまり興味が持てない分野で仕事が辛いといったこともあるようです。また、自分が持っているスキルを上手くアピールすることも希望する事務所や会社への転職を成功させるポイントになります。今までの経歴の中から自分の強みを見つけ、それを相手に分かりやすいように伝える必要があります。履歴書や職務経歴書など書類1つをとってみても、この人の話をもっと聞いてみたいと思わせなければなりません。

魅力的な職場は競争が激しいので、いかにアピールできるかが鍵になります。税理士転職のことならこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする