需要が高い税理士転職を乗り切ろう!

税理士転職を検討している方にとって気になる点の1つが、人材は売り手市場かどうかという点です。人材募集が多くされている環境であれば、より良い税理士の職場を見つけられる可能性が高くなります。税理士法人が増えている影響で、税理士は売り手市場だという特徴があげられます。売り手市場なことで、さまざまな求人の中から自分と相性が良さそうな環境を探していくことも可能です。

しかし税理士転職で求人が豊富といっても、適当に選ぶと後悔する転職になってしまう可能性もあります。後悔の少ない転職のために、最初に自分がどのような職場に転職をしたいのか条件を整理することが大切です。給料や仕事のやりがい、勤務地や勤務時間など人によって仕事に求める内容は異なります。自分が仕事に求める内容を整理していくことで、どのような職場と相性が良いか検討しやすくなります。

また税理士転職で職場の候補が多いといっても、経験者優遇という形で募集しているケースが多く見られます。経験が少ない税理士の方は、実績が積めるような大手の税理士法人を中心に仕事を探してみるのも1つの手です。中小は1人で仕事を任されるケースが多いため、ある程度の経験がある人材を求める傾向があります。経験が豊富な税理士は、どのような環境でも喜ばれるため、自分の希望する条件に合わせた税理士転職がしやすくなります。

さまざまな視点から考えて、自分に合った転職ができるようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする