税理士転職でどのような職場を選ぶのか?

税理士転職といわれたらどのような職場を想像しますか?同じ税理士法人への転職を検討している場合でも、大手から中小までさまざまな規模の法人が存在しています。そして転職先の規模に応じて給料や仕事のやりがい、扱う業務内容など多くの違いが見られます。大手で働くと大企業の案件にチームで関われる場合もあります。一方で規模の小さい法人への税理士転職を検討する場合には、自分1人で責任をもって仕事をする機会が増えるかもしれません。

また税理士法人ではなく、一般企業や金融機関への転職を検討する方もいます。社内に税理士を置きたいというニーズは少なめなので、税理士という形での採用を難しいので注意しましょう。転職情報を調べるときに、情報があったら応募を検討してみるのも1つの手です。税理士転職といっても、職場の候補には規模の異なる税理士法人などさまざまな選択肢が存在しています。

実際にどのような職場へ転職するか考えるときに大切な点が、自分が何を目的として転職するのかということです。大手で経験を積みたいという方もいれば、中小の税理士法人でクライアントに寄り添った働き方がしたいという方もいるでしょう。将来のキャリアプランや理想の働き方を考えたうえで、相性の良い職場を探していくことが大切です。同じ税理士転職でも、人によって何を重視するかは異なります。

自分ならではの転職の条件を決めて、後悔の少ないより良い職場との出会いのチャンスを作っていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする