Skip to content

浅草の人気のきびだんごのお店

東京都の浅草には雷門や花やしきなどの見所満載の名所が数多くあることから、全国からはもちろん海外からもたくさんの観光客で賑わっています。

なかでも浅草観光で必ず立ち寄りたいスポットといえば、仲見世通りが挙げられることでしょう。仲見世通りでは美味しいグルメを堪能することができ、特に人気を博しているのがきびだんご屋さんです。江戸時代に作られていた当時の味を再現しているのが特徴で、もち米と水あめ、砂糖、きな粉などシンプルな材料のみで作られているのです。きびだんごというと岡山県の名物というイメージが強いですが、どうして江戸時代に浅草できびだんごが作られていたのでしょうか。

それは、岡山県ではきびが大量に収穫できることから、きびだんごにして食べる風習がありました。その美味しさが口コミで江戸にも伝えられるようになり、それがきっかけで仲見世で販売されるようになったということです。仲見世で販売されているきびだんごは、もっちりとした食感で香り豊かなきな粉がたくさんまぶされています。

甘さは控えめなので、老若男女を問わずに親しまれている味といえます。さらに、普通の団子と比べて小ぶりなので、女性でも何本でも食べることが可能です。店内でゆっくりと食べることもできますが、家族や友人へのお土産用にお持ち帰りすることも可能です。お持ち帰り用の団子は、自宅でお湯で温めてから醤油やきな粉など自分の好きなもので味付けできるのが魅力といえます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *