Skip to content

スカイツリーの魅力と浅草の関係

東京スカイツリーは東京にできた新たな名所であり、電波塔です。

初めて観光に来た人の中には、都心に建っていると思っていたという人も多く実際には下町がそびえ立っていることに特徴があります。先にも述べたように、港区にあるタワーに代わって電波塔としての役割を担うこととなったのですがなぜ役割が変更されたのでしょうか。近年、東京では高い建物が多くなっておりかつての電波塔では電波を届けにくくなってしまったというのです。

そこで、墨田区にどのような高さでも電波が届くようにという目的でスカイツリーを作ったのです。スカイツリーには世界中から多くの観光客が訪れています。それと言うのも、様々な商業施設が入っておりここでしか手に入らないお土産が売っているというからです。展望デッキから東京の姿を一望できるため、特に夜になるとカップルだけでなく家族連れも多くなります。

景色を見ながら食事を楽しめるレストランも人気で、ただの電波塔だと思っていると意外な驚きを感じられると言われています。近くに観光名所である浅草があり、浅草からスカイツリーまで歩いても大した距離ではありません。中には、浅草のホテルに宿泊してそこからスカイツリーまで移動をし、下町をとにかく楽しむというプランも人気となっています。このように、近年世界中から注目されつつある下町ですがその歴史と伝統をアピールする働きも積極的に行われており、世界中の人々を魅了しているのです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *