Skip to content

浅草でいただくおいしいレストランの料理

浅草の「一文」は、江戸情緒を堪能できる遊び心も楽しい割烹居酒屋レストランで、浅草の築60年以上という古民家を改装し味わいのある建物の店頭に掲げられた大きな酒樽が目印です。

雰囲気満点の入り口から店内に足を踏み入れると、土間・囲炉裏・和風の調度品といった、まるで時代劇の中に入り込んだような空間が広がり、店内で使える通貨は一文=100円の木札に現金を両替するなど、非日常を味わうことができます。料理は、国内産天然とらふぐやすっぽん・調査捕鯨で捕獲された鯨・三浦半島で育った葉山牛・それぞれの産地から直送された新鮮野菜など、流通や産地にまでこだわった食材が使われており、安心していただくことができ、名物の江戸ねぎま鍋は、鮪のトロと千寿ねぎをメインにして、醤油出汁でいただくボリューム満点なのに、さっぱり食べられる逸品です。

〆のお出汁がしっかり染みた雑炊もぜひ食べておきたいものです。その他にも、ふぐ唐揚げ・鯨煮込み・葉山牛すじ煮込み・江戸前煮穴子など、盛りだくさんのこだわりメニューが揃っているレストランです。浅草にある「つるぎ」は、十割蕎麦と鴨料理がおいしい蕎麦居酒屋レストランで、和モダンで清潔な店内は、女性だけのグループでも抵抗なく入れる雰囲気です。季節ごとに産地を変えたこだわりの国産小麦を使った十割蕎麦を、日高昆布・本枯節・宗田節でとったお出汁とともにいただきます。

人気の鴨せいろは、こちらの十割蕎麦と国産鴨の味の相性が抜群で、お互いを引き立て合う最高の組み合わせの逸品です。朝〆国産鴨の溶岩焼きは、お店一押しの一品で、その日の朝にシメた新鮮な鴨を使用しており、国産の鴨肉は溶岩焼きの他、すき焼きでもそのおいしさを味わうことができます。またお酒は特に日本酒の品揃えが豊富で、全国から選りすぐった40種類以上が常に用意されており、おいしい料理とともに楽しむことができます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *